「One of DBD」Vol.1 新卒からみたDBD

f:id:data-h-products:20201104125930j:plain

 

2020年に突如、世界の「当たり前」を一変させた新型コロナウイルスCOVID-19の蔓延。
そのなかでも、データビジネスデザイン事業本部で働くヒトやシゴトは、一変した「当たり前」を少しでもより良くするために動き続けます。


そこで、もっとデータビジネスデザイン事業本部で働くヒトやシゴトを知ってもらおうと、今回から社員のリレー形式で「One of DBD」がスタートします!


第一走者を務めるのは、2020年4月に新卒として入社した太田麻結(おおたまゆ)さんです。

 

|自己紹介
みなさま初めまして。2020年入社1年目、データビジネスデザイン事業本部の太田麻結(おおたまゆ)です。初回の担当をさせて頂くことになりました。よろしくお願い致します!
どの様な内容を発信するかとても悩んだのですが、フラットに『新卒から見たDBD』といったコンテンツでお届けできればと思っています。といってもだいぶざっくりした内容ですね(笑)。入社してから、先輩方との面談 で聞かれる『入社前と後のギャップ』について、お話しできればと思っています。

 

|DBDのファーストインプレッション
事業本部名にある「データビジネス」っていっても常に数字をいじっている難しそうな部署だなぁという、興味はありつつも少し硬そうなイメージでした。某インターネット広告代理店でフロント営業と媒体営業をインターンでしていた経験があるものの、新規獲得へのアプローチやディレクション能力が培えるのか疑問でした。DBDはコア事業本部になるので「営業などから依頼を受ける、データの分析屋さん」のイメージが強かったのですが実際に配属され先輩方のお話を聞き業務内容を見ていると、自分の得意分野や興味を持っている領域の案件を担当していたり、個々の強みを生かしてチーム力にしていて、単に分析だけではないのだなと感じています。


|コロナウイルスの流行で、入社前・入社後の影響は・・・
一番悲しかったのは全体の同期研修がなくなってしまったことです。横のつながりがない中、研修をPC画面とにらめっこして受けるのはつらかったです。。でも最近、社長懇親会などで数名ずつ顔合わせができたことで、ランチに行ったりなどコミュニケーションを取れるようになりました!
入社前は対面前提だったので、部署をまたいででもわからないことがあれば他の方のデスクまで突撃して聞きにいこう!というスタンスだったのですが、いざ入社してリモートでのやり取りが主になるとアプローチの仕方が変わってくるなと実感しています。でもその分トレーナーをはじめ皆さん丁寧にご指導くださるのでとても心強いです。

 

|先輩たちと話す機会は、意外と多くありました!
DBDではトレーナーの元で一緒に業務をさせていただきながら様々なことを学びます。在宅勤務が進んでいる中で「OJT以外の先輩たちとのコミュニケーションは取れているのかな?」と思われそうですが、案件によってほかのチームの先輩と関われますし、チーム会などあるので定期的にお話する機会はあります!突然話しかけても(もちろん作業中はだめですが笑)快くお話を聞いて下さる先輩方ばかりです!

 

太田さん、ありがとうございました。
これからも定期的に「One of DBD」を掲載していきますので、今後も楽しみにしていてください。

 

|あわせて読みたい