「こしらえるサミット2021」のDBDワークショップレポート!

博報堂プロダクツで8つの職業体験ができる「こしらえるサミット2021」が、1~2月の3回に分けて開催されました。

f:id:data-h-products:20200210124543j:plain

データビジネスデザイン事業本部は「データ」を読み、発想し、デザインする仕事として、「データマーケティング職」と「データアナリスト職」の2つをご用意し、体験いただきました!今回はその様子をお届けします。 

▼当日のスケジュール

11:00-11:30  会社説明

11:30-12:00  データビジネスデザイン事業本部説明

12:00-13:00  ランチ&座談会

13:00-17:30  職種別ワークシップ実施

17:30-19:00  懇親会&3事業本部合同のパネルディスカッション

19:30      解散

 

 

|データビジネスデザイン事業本部のご紹介

 

f:id:data-h-products:20200210113811j:plain

 

博報堂プロダクツが掲げる「顧客化力」について、データビジネスデザイン事業本部がどんな目線で携わっているのか、事業本部の紹介や、職種ごとの事例を交えて、現場の最前線で働く先輩社員に話していただきました。

 

f:id:data-h-products:20200210113855j:plain

 

12:00

社員も交えて一緒にランチ!

写真を撮り忘れたので文章での説明になりますが、用意した「お魚が選べるお弁当」は、一口ウナギ丼や炊き込みご飯、しっとりローストビーフやエビフライ、煮物や卵焼きなど「おいしい!」の声が聞こえ、そのまま座談会へ。どのテーブルも社員と笑いながらのトークが聞こえてきました。

 

|データマーケター体験、アナリスト体験をしてみよう!

13:00

広いセミナールームを「データマーケティング職」と「データアナリスト職」の2つにわけて体験ワークショップが始まりました!

今回どちらの職種も、ワーク内容・テーマが違いますが、最後に合同発表を行い、参加した学生・社員の全員で「感想」を出し合います。

 

●データアナリスト職ワークショップ

現業と同じように、クライアント課題とデータを理解することから始め、仮説設定や分析設計を行い、どんな仮説を立てた?データから何が言えた?そこから考えた施策は?を、グループごとに発表してもらうワークを実施。

f:id:data-h-products:20200210115238j:plain

職業体験でもあるので、先輩社員が1グループに1名ついて、リアルなアドバイスを行いながらワークを進めます。データアナリストから直接アドバイスをもらえる場は貴重ですね。

f:id:data-h-products:20200210120951j:plain

社員と学生が話している様子

 

●データマーケティング職ワークショップ

DBDのデータマーケターになったつもりで「あるプロスポーツ観戦への集客プロモーション提案」をするワークを実施。事前にコミュニケーション戦略の事例を深堀解説。それを参考にしながら、

調査データや疑似インタビューを用いながら、各チームごとに戦略・施策考案を開始。

f:id:data-h-products:20200210121057j:plain

N=1000のデータだけではなく、N=1の「リアルな声を聞くこともヒントになる!」ということで、お題のスポーツ観戦の経験/未経験の社員にインタビューする時間も…。

f:id:data-h-products:20200210121127j:plain

チームごとに学生が社員にヒアリングしている様子

16:00

さて、もうすぐ合同発表の時間です。

シゴトをするうえで、時間配分や役割分担は、とっても大事。予めタイムスケジュールは発表していたので、それを目標に各チームの時間配分、個人作業の時間配分も大変そうでしたが、全員が時間通りに発表の準備ができていました!

f:id:data-h-products:20200210121213j:plain

学生の合同発表の様子

1チームごとに、総評や社員からの質疑があり、当該のチームはもとより、発表待ちの他のチームも「あぁ、そんな視点があったのか」「そんな質問をされるのか」と、最後まで発見のある場であったと思います。

 

6チームすべて発表もおわり、学生・社員の全員で「感想」を貼り出しました。

f:id:data-h-products:20200210121317j:plain

 

5時間のワークショップは終了!

疲れきった学生を労いたい!よく頑張りました!と、このあとは懇親会をご用意。

 

|他事業本部の先輩の声も聞ける!パネルディスカッションと懇親会

会場を移して、社員専用のカフェ&デリ「5615」へ!

f:id:data-h-products:20200210121354j:plain

会場は社員専用のカフェ&デリ「5615」!


他の事業本部2つも一緒に、パネルディスカッションを行いました。

自分の気になる職種だけではなく、他の職種のことも聞けるのは良い機会ですね。

 

そのあとは懇親会として、お食事を用意。

写真はありませんが、ビュッフェ形式で自由に社員と話せる時間も多くありました。

 

土曜日の開催だったこともあり、遅くまでご参加いただいた学生のみなさん、ありがとうございました。

 

「こしらえるサミット」は年にこの1~2月のこのタイミングで行われる職業体験のインターンシップです。

すでに来年の2021年4月入社に向けて就職活動を始めている方は多いと思いますが、専門職採用ならではの事業本部企画のワークショップを通して、社会人生活をすこしでもリアルに考えてもらえる機会になれたらと思います。

 

今春も博報堂プロダクツでは新卒採用を行いますので、興味を持った方はぜひご応募ください!

 

|あわせて読みたい