志望理由は「10年後もマーケター」と「サバ缶」――社員のホンネVol.1新人編

f:id:data-h-products:20191101185026j:plain

新人データマーケターの合田・松尾に突撃インタビュー。入社3か月目の二人が、先輩・横井に語った「ホンネの志望理由」とは。 

(博報堂プロダクツ データビジネスデザイン事業本部より) 

 

聞き手は二人をよく知る先輩の横井(6年目)がおこないます! 

 

 

ホンネの志望理由は? 

――なぜ、二人は博報堂プロダクツのデータマーケターに?  

 

合田 僕は、「データサイエンスを活かせる企業」を徹底的に調べました。 

 

その中で、博報堂プロダクツのデータビジネスデザイン事業本部が、一番面白そうだと、1dayインターンで感じました。 

 

――何が面白そうだったの? 

 

合田 インターンの「商品Aのファンを増やすにはどうするか?顧客データ(ダミー)を用いて提案せよ」という実践ワークが、エキサイティングでした。 

 

――詳しく聞かせて! 

 

f:id:data-h-products:20191101185103j:plain

 

合田 そもそもファンとは?から議論して、実際にexcelでデータ分析。ファンの姿を浮き彫りに。そこから、ファン拡大プランを練り上げる。 

 

2時間があっという間で、「これが仕事って、最高だなぁ」と感じたのを強く覚えてます。 

 

――マーケターの「データから戦略をこしらえる」面白さを、垣間見た訳だ。 

 

合田 はい。あと、先輩のユニークさです。たとえば、書籍『あの夏、サバ缶はなぜ売れたのか?』を出版された大木さん。『データシェフ』を名乗って連載コラムを持っている横井さん等。一緒に働けたら楽しそうだなと。 

 

 

――ありがとう(照) 『サバ缶』といえば、読んでビビ!ときて、宇宙の研究コースからウチのアナリストになったメンバーもいるよ。 

 

合田 そんな方も!笑 あれ、先輩は何専攻でしたか? 

 

 

――文学部で心理学。あとは学園祭実行委員会で、前夜祭・後夜祭をひたすら創っていた。 

 

合田 そうだったんですか!そんな「キャラ多様組織」な点も、志望理由でした。 

 

ぼく、データサイエンス専攻の傍ら、バイトを10個やっていたんです。だから、周りからは「お前は外回り営業配属になる」って言われていて。 

 

でも、外回り営業本当に嫌で。その点、博報堂プロダクツは専門職採用。つまり10年後もマーケター 

 

かつ、「キャラ多様組織」だから、合田でもマーケターになれそう!データサイエンスを活かせそう!と感じました。 

 

 

――他社だと「営業マン・合田」だけど、ウチだと 

「データマーケター・合田」になれる、と。 

 

合田 まさに。その上で、ビッグデータや人工知能を活用する案件も多い。「データサイエンス×マーケティングの専門性」をガッツリ磨けそうだなと。 

 

 

――専門性が重宝される昨今。専門職で「プロのスキル」を会得できる環境、有難いよね。 

 

f:id:data-h-products:20191101185713j:plain

 

――松尾の志望理由は何だったの? 

 

松尾 はい、実は私、インターンや説明会に行けていなくて…。サイトの情報だけ見て、応募しました。 

 

合田 そうなの!? よく入社の決心できたね。 

 

松尾 正直、最初の面接のときは、志望度高くなかった…笑 

 

 

――おお、まさにホンネ! 

 

松尾 でも、専門職採用だからこそ、「入社後なにやりたい?」の質問に対して、ハッキリ答えられたんです。「5年後、何をやっていたいか」を想像しやすかった。 

 

私の答えに対して、現場社員から「うん、ウチで叶うよ」という反応が。それで嬉しくなって、面接の度に、志望度がぐんぐん高まっていきました 

 

 

――そういうことか。で、5年後、なにやりたいの? 

 

松尾 え。…意地悪ですね(笑) 5年後は、「データに基づいて、マーケティングプランをビシっと作れるプロ」になりたいです。 

 

私、海外旅行分刻みレベルで計画るのが、好きでその粒度で、マーケティングプランも立てられるようになりたいです。 

 

 

――いいね、分刻みのマーケティングプラン。チェックするの、骨が折れそうだけど(笑) 

 

--そうそう、海外旅行と言えば、ウチの会社の人、年に1~2回は海外旅行しがち 

 

松尾 それ、入社後に驚きました。広告=激務のイメージがあったので。先輩も、よく海外行かれていますよね? 

 

 

――うん。「入社5年間で、10カ国」を旅した。 

――モロッコ・ミャンマー・インド・UAE・アメリカ・タイ・オーストラリア・ベトナム・中国・香港かな。 

 

合田 フリーバカンス制度(年2回の5営業日連続休暇)があるからこそ、ですよね。実質、「9連休を年2回取る義務」。しかも、有給休暇とは別。ビックリしました。 

 

 

――驚くよね。年末年始も働くのかな?と学生の頃は思っていたけど、勘違いだったなあ。 

 

 

 

入社後のギャップは? 

――そうそう、入社後に感じたギャップはある? 

 

f:id:data-h-products:20191101163704j:plain

 

松尾 「データ部門なのに、女性が約5割」」いることです。本当に、安心しました。 

 

――確かに、女性が約5割は、珍しいかも。あと20代が約5割だから、フレッシュな組織だよね。 

 

松尾 はい。他には、マーケティングのコンサルタントとして、「「そもそも何をすべきか」の相談から始まるプロジェクト」もあることです。あるんですよね? 

 

 

――うん。有難いことに、そういうお話、最近増えている。 

 

松尾 良かった…! あと、パワポの戦略提案書で終わらず、生活者の目に触れる創作物にまで、アイデアを出せる点も、いいなと。 

 

 

――確かに、「分析と戦略で終わらず、キャッチコピーとかまで考える」のはウチの特色かも。おれも、CM企画案を、打合せのテーブルにスッと滑らせること、よくある。 

 

合田 おお!そうなんですね。 

 

 

――ま、大抵、文字通りスベるだけど。笑 

 

合田 (笑) ぼくは、「お得意先の幅広さ」にビックリしました。配属1日目はロボット、翌日は外資アパレル、その翌日は通信インフラ。しかも、そこは元アルバイト先(笑) 

 

 

――他にも官公庁・サッカークラブ・スタートアップなど、枚挙に暇がないね。 

自社事業として、スーパー向けアプリ事業を、立ち上げた先輩もいるよ。 

 

合田 ホント、「手を挙げれば、打席は回ってくる」ですね…! 

 あと、他本部の仕事にも、驚きました。「これ、博報堂プロダクツだったのか!」という事例が満載で。 

 

松尾 それ!日野自動車のヒノノニトンとか! 

 特に仰天したのは、落合陽一さん博報堂プロダクツのフェローであること 

 

――なんだか、嬉しいギャップの方が、多いみたいね。 

 

 

新人が考えるデメリット 

――逆に、デメリットはない? 

 

合田 うーん。なんでしょう、「ルーティン作業が好き」な人には、合わないかも。チャレンジングな環境なので。 

 

松尾 絶対定時退社!な人にも、合わないですかね。「Team Max10」(平均労働時間/日を上限10時間にする取組み)があるとはいえ、日によっては遅くなる時もありますから。 

 

 

――そうだね。ただ、5年前に比べると、労働時間はかなり改善されたけどね。 

 

松尾 5年前は、どうだったのですか? 

 

――5年前は、てっぺんを超えることがしばしば。 

――長い=良いって暗黙の雰囲気が、漂っていた気がする。 

 

松尾 最近は、てっぺん超え、減りましたか? 

 

――減ったというより、ほぼ無くなった、に近いかも。本当の正念場くらい。きっと理由は2つ。 

 

――一つは専門職でスキルを磨けて、効率化できたこと。もう一つは、世論もあり、会社に「Team Max10」が生まれて、組織の意識が変わったこと、かな。 

 

松尾 良かったです。本当に、良かったです…! 

 

就活生へのメッセージ 

f:id:data-h-products:20191101185029j:plain

 

最後に、就活生にメッセージをお願いします! 

 

合田より

『どんな成長をし、どんな人物になり、どんな仕事をしたいか?』この問いについて、就活でしか出会えない同世代と、ぜひ語り明かしてみてください! 

 

松尾より

就活は、自分のホンネを見つめ直す良い機会。 

ホンネを受け入れてくれる会社に、きっと出会えます。 

応援しています。頑張ってください! 

 

【関連リンク】 

2021年3月卒業見込み対象インターンシップ(詳細は以下にてご確認ください) 

 

・リクナビ:株式会社博報堂プロダクツのインターンシップ情報|リクナビ2021

・マイナビ:(株)博報堂プロダクツのインターンシップ | マイナビ2021